≪昨日の風、今日の風≫

アクセスカウンタ

zoom RSS 3727号 白と黒

<<   作成日時 : 2017/07/15 11:44   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

人間は色に特別な意味を持たせるのだろうか。

乙女の夢見る王子様は白馬でやってくる。

白馬志向は海外でも同じだ。

昭和天皇は戦前白馬「白梅」に乗っていた。
画像

ナポレオンも乗っているのは白馬だ。
画像

色から連想する抽象的イメージについて、ネットではこう書かれている。

威厳、可能性、虚脱感、空虚、軽い、潔癖、健康、祝福、純粋、心理、新しい、神聖、正義、清潔、清純、天国、冬、薄情、降参、平和、放心、味気ない、夢、無、無意味、無限、善、明るい、冷たい、冷淡、無垢、透明感

一方黒はどうか。

黒い馬で思い出すのは、映画「ベンハ−」の4頭立て戦車の格闘シーンだ。
画像

主人公の4頭は白馬で、ライバルが操る戦車の方は黒い馬だ。


白は正義で黒は邪悪のイメージなのだ。

「黒い天使」というラテンの曲がある。

<教会の壁にはいつも白い天使しか書かれていない。神様は黒い天使も愛してくださるのです。>

黒人と白人の問題もあり、また「ブラック企業」、「ホワイトナイト」と、人は実態とは関係なく、色に特別なイメージを持つのだ。

最近の映画やテレビドラマにでは、黒人俳優の刑事が白人の犯人を捕まえるシーンや、白人の上司が黒人だったりして、制作側の細かい配慮が感じられる。

しかしそれもやりすぎるとしたら、それは別の“差別”になるが、そういうことは口が裂けても言えないだろう。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3727号 白と黒 ≪昨日の風、今日の風≫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる