≪昨日の風、今日の風≫

アクセスカウンタ

zoom RSS 3742号 ハマクラ

<<   作成日時 : 2017/07/30 09:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ハマクラと呼ばれた男、浜口庫之助は1990年に他界したソングライター。
画像

名曲が数知れずで、あの独特のメロディラインは他にはまねのできない才能でしょう。

「バラが咲いた」(歌:マイク真木)(1966年)はシンプルなメロディですが、なぜか心に残る曲で、現在世界中で歌われているとか。

HOTコロッケに長年出演しているフォークユニット「るあ」が、以前「愛のさざなみ」を披露したことがありました。

これもハマクラの作曲で、島倉千代子が歌いました。



ウィキペディアにはこれだけの楽曲が、・・・歌える曲もずいぶんあります。

(作詞作曲)
僕は泣いちっち(歌:守屋浩)(1959年)
銀座の子守唄(歌:和田浩治(1960年)、守屋浩(1971年))
コロッケの唄(歌:五月みどり)(1962年, 2003年)
夜空の笛(歌:守屋浩)(1962年)
涙くんさよなら(歌:坂本九、ジャニーズ、和田弘とマヒナスターズ、ジョニー・ティロットソンの競作)(1965年)
愛して愛して愛しちゃったのよ(歌:田代美代子・和田弘とマヒナスターズ)(1965年)
星娘(歌:西郷輝彦)(1965年)
星のフラメンコ(歌:西郷輝彦)(1966年)
バラが咲いた(歌:マイク真木)(1966年)
笑えピエロ(歌:植木等)(1966年)
夕陽が泣いている(歌:ザ・スパイダース)(1966年)
風が泣いている(歌:ザ・スパイダース)(1967年)
夜霧よ今夜も有難う(歌:石原裕次郎(1967年)、吉田拓郎(1977年))
粋な別れ(歌:石原裕次郎)(1967年)
愛の渚(歌:水原弘)(1967年)
スイッチョ小唄(歌水原弘) (1967年)
エンピツが一本(歌:坂本九)(1967年)
花と小父さん(歌:伊東きよ子(1967年)、植木等(1967年)、畠田理恵(1989年)、里見浩太朗・熊田胡々(2012年))
夜の虫(歌:浜口庫之助(1967年)、渚まゆみ(1974年)、みのもんた(2006年))
港町 涙町 別れ町(歌:石原裕次郎)(1969年)
みんな夢の中(歌:高田恭子)(1969年)
涙と幸せ(歌:江利チエミ(1969年)、浜口真弓+庫之助(1983年))
へんな女(歌:水原弘)(1970年)
花の手拍子(歌:英亜里)(1970年)
もう恋なのか(歌:にしきのあきら)(1970年)
こんど生まれてくる時は 水原弘(1971年)
ああこの恋は 水原弘(1971年)
空に太陽がある限り(歌:にしきのあきら)(1971年)
熱い涙(歌:にしきのあきら)(1971年)
恋の町札幌(歌:石原裕次郎(1972年)、石原裕次郎・川中美幸(1995年)、里見浩太朗・熊田胡々(2012年))
我愛你(歌:方怡珍)(1973年)
奪われたいの(歌:渚まゆみ)(1973年)
祭りの夜は恋の夜 歌 水原弘(1973年)
青空 歌 水原弘(1973年)
わたし半人前(歌:渚まゆみ)(1974年)
クロスオーバー・ラブ(歌:石原裕次郎)(1978年)
大人になれば(歌:大場久美子)(1978年)
恋の雪まつり(歌:三浦雄一郎)(1980年)
夕暮れ、恋人(歌:和田アキ子)(1981年)
キャベツ畑の子供たち(歌:間下このみと子供たち)(1984年)
ロマン札幌(歌:渚まゆみ)(1985年)
恋する蝶々(歌:五月みどり)(1988年)
愛しただけよ(歌:柏原芳恵)(1988年)
海の声 森の声(歌:堺正章)(1991年)

(作曲)
黄色いさくらんぼ(歌:スリー・キャッツ(1959年)、ゴールデンハーフ(1970年))
若い突風(歌:和田浩治)(1960年)
恋の山手線(歌:小林旭)(1964年)
恍惚のブルース(歌:青江三奈)(1966年)
ブルーブルース(歌:青江三奈)(1966年)
眠られぬ夜のブルース(歌:青江三奈)(1967年)
みんなあげましょう(歌:由美かおる)(1967年)
愛のさざなみ(歌:島倉千代子)(1968年)
旭川ブルース(歌:中坪健)(1968年)
銭ゲバ大行進(歌:唐十郎)(1970年) - 映画『銭ゲバ』主題歌
泣くときゃひとり 歌 水原弘(1970年)
しのび逢う恋(歌:ちあきなおみ)(1971年)
ちいさな恋(歌:天地真理)(1972年)
ねことめだか(歌:宮内良)(1979年) - テレビ番組『おかあさんといっしょ』で放送
夢という名の女(歌:森進一)(1980年)
人生いろいろ(歌:島倉千代子)(1987年)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「”バラが咲いた”はブラームスの大学祝典序曲の真似た盗作である」

という批判を受けたことが過去にありましたが、
僕はそんな事、一切気になりません!

「バラが咲いた」は
やはり名曲です!

「涙くんさよなら」
これまた傑作です!

「愛して愛して・・・」
幼少の頃、従兄弟の家で頻繁に聴きました。

「恋の山手線」
これまた、従兄弟の家で頻繁に聴きましたので、
今でも歌えます(笑)。

こうしてみると、無意識のうちに
ハマクラ作品は脳味噌にインプットされてしまっているんですね!

偉大な方です!
バラが咲いた をこよなく愛する提琴弾き
2017/08/02 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
3742号 ハマクラ ≪昨日の風、今日の風≫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる