5259号 銀河の衝突

私たちの銀河、天の川銀河はかつて別の銀河と衝突したらしいのです。 なぜそういうことがわかるのかというと、多くの恒星の中で少数の恒星は、別の動きをしているものがあるというのです。 事例として、鳥の群れの飛び方を挙げています。 大空に飛んでいる群れに別の群れが遭遇する場合、大きなかたまりの中で、それぞれが別の動きをすること…
コメント:0

続きを読むread more

5258号 サカナ サカナ サカナ~🎵

以前スーパーの魚売り場に流れていたあの歌です。 全国漁業協同組合連合会(JF全漁連)中央シーフードセンターのキャンペーンソングとして制作された楽曲だそうです。 でも最近は聞きませんね。 どうしたのでしょうと考えると、あの歌詞のせいかもしれません。 あの歌は「おさかな天国」というタイトルで、歌詞に31種類の魚の名が…
コメント:0

続きを読むread more

5257号 額のしわ

島根県知事の発言が報道され、物議をかもしている。 彼の映像が流れたが、怒っているようで失礼ながら怖い顔だ。 なぜそう見えるのかよく考えると、あの額のしわが原因だ。 「ヘ」のさかさまのしわなので、怒って見えるのだ。 いや本当に怒っているのかもしれないが、そこはよくわからない。 「あんなしわなんて見たことが…
コメント:0

続きを読むread more

5256号 不要不急

コロナ対策の定番として「不要不急の外出は控える」というのが毎日のように言われています。 「Stay home」は都知事のいつもの警句です・ ところで「不要不急」ってどんなケースなんでしょうか。 辞書には「どうしても必要というわけでもなく、急いでする必要もないこと」と書かれています。 先日、久しぶりにゴルフ練習場へ…
コメント:0

続きを読むread more

5255号 あだ名

小学校では「あだ名で呼んではいけない」という規則が増えている。 「友達を呼ぶときは『〇〇さん』と」という校則を設けている小学校だ。 私の年代ではちょっと首をかしげてしまう。 小学生が友達に「佐藤さん、田中さん」なんて気持ちが悪い。 あだ名をつけられた子供が、イヤな思いをするし、いじめにつながるというのが意見だ。 …
コメント:0

続きを読むread more

5254号 異説「武漢ウイルス」(フィクション)

現在のウイルス騒動の実態はなにか。 誰が得をし誰が損をしたのか。 なぜアメリカの感染者数が世界一なのか。 ウイルス発生時、武漢から500万人が脱出したのはどうしてか。 中国は19年の夏、すでにワクチンを開発している。 アメリカの感染者28百万に対し、中国はわずか10万人だ。 アメリカの死者は50万…
コメント:0

続きを読むread more

5253号 「日本侠客伝」

高倉健の生誕90年ということで、Wowowでは当時(60年代)の任侠映画を順番に放映することになった。 たまたま先行放送していたのを見た。 「斬り込み」という恐ろしいタイトルだった。 昔、大学生のころよく高倉健の映画を見た。 パターンはいつも同じである。 良い組織(組)とそれに対抗する悪い組織があり、よい組…
コメント:0

続きを読むread more

5252号 「白馬族」

中国の少数民族のひとつに「白馬族」(ベマ)というのがあります。 NHKの番組で、この民族を扱った番組があり、先日観ました。 <舞台は四川省と甘粛省の境に広がる美しい山々に囲まれた秘境の里。 ベマ族と呼ばれる謎めいた人々が山の神をあがめ暮らす。 赤や黄色の色鮮やかな民族衣装、頭には鳥の羽の刺さった不思議な帽子!巨大な木の仮…
コメント:0

続きを読むread more

5251号 酸素クライシス(フィクション)

2120年、人類は大きな岐路に立たされていた。 100年前、大気中の酸素の割合は21%だった。 しかしあれから100年の間に、豊富にあったはずの酸素が減少しているのだ。 人間はCO2には長い間注目していたが、酸素については全くといっていいくらい無関心だった。 アマゾンの森林が、開発という名目で何万ヘクタールも伐採…
コメント:0

続きを読むread more

5250号 ナイル川

ナイル川はアフリカで最も長い川です。 長さは6,650kmで世界一です。 子どものころの記憶では、世界一はミシシッピ川だったと覚えています。 その頃のナイル川の長さの計り方では、源流をヴィクトリア湖としていたようです。 現在は、ヴィクトリア湖に流れ込む上流部分も含めてナイル川としているため、世界一を獲得したのです…
コメント:0

続きを読むread more

5249号 盗賊の親玉

盗賊は反社会的組織である。 時代劇を見ていると、盗賊の親玉(首領)が子分を叱咤するシーンがある。 よぼよぼ爺さんでも怒鳴られると、子分の若者は萎縮する。 子分は若く血気盛んで、親分は後期高齢者だ。 その気になればいつでも親分をやっつけることが出来る力がある。 しかし子分は納得はしていないが、仕方なくそれに従…
コメント:0

続きを読むread more

5248号 アフリカ大地溝帯

アフリカはいずれ分裂します。 この地図はアフリカの大地溝帯を記しています。 この地溝帯に沿って切り取られるのです。 ケニアではすでに地面が裂け始めてています。 大地溝帯の北端はヨルダンで、ここで毎年2.5cmずつ裂け続けています。 こうなって・・・。 こうなる。 …
コメント:0

続きを読むread more

5247号 ん~なんとも・・

最近の我が国の世情を見ると「正義中毒」(5240号)になっているとしか思えない。 ちょっとしたことでもSNSで非難中傷し、それが拡散することが日常化している。 テレビは多少抑制されて報道するが、週刊誌では毎週のように誰かを見つけて「血祭り」にあげている。 そうした誰かを積極的に擁護するつもりはないが、現状はひどすぎる。…
コメント:0

続きを読むread more

5246号 また一人逝く

昨日2月17日、また一人の友人を見送りました。 井原健一君は、私とは小中学校で仲良くしていた友でした。 小学校時代はよく彼の家に遊びに行きました。 大きな酒屋さんを営業していましたね。 小学校で最初に、当時珍しいGパンを履いてきたのも彼です。 中学では私と野球部にいました。 高校大学は慶応に行きました…
コメント:0

続きを読むread more

5245号 ポジャドール岬

ポジャドール岬は、現在の西サハラにあります。 グーグルマップでその場所を探しましたが、カナリア諸島の南東の西サハラにそれらしきものが見当たりません 他の地図にはポジャドール岬と書いてありますが、日本でイメージする岬の形状ではありません。 まあそれは置いておいて、この岬が歴史的に有名なのです。 15世紀の初頭、…
コメント:0

続きを読むread more

5244号 カーリング

カーリングの日本選手権が終了しました。 何回もテレビで観戦しているうちに、ルールもだんだん理解できるようになり、面白さがわかってきました。 最近気になっているのが、選手の靴です。 全員ではないかもしれませんが、右足は滑らない靴底で、左足がすべります。 左足の靴底は滑りやすくするためテフロン加工がされています …
コメント:0

続きを読むread more

5243号 「飽食の悪夢」

NHKスペシャルで「飽食の悪夢」という番組を見ました。 2050年に地球の人口は、100億人になると言われています。 私は以前から、そこまで増えないだろうと思っていました。 つまり100億の民が存在できるということは、それだけの食料があるということです。 しかしそれは計算上のことであって、実際はそうはなりません。…
コメント:0

続きを読むread more

5242号 「大秦帝国」

「大秦帝国」という中国のテレビドラマがありました。 日本では2010年に「チャンネル銀河」で放映され、全51話でとても面白く見ました。 最近の古代中国を扱ったドラマは映像が明るく、「日本じゃまだ弥生時代で、前世紀の中国でこんなに明るいはずはない」と違和感を感じます。 あたかも天井から照明が点いているようシーンでは、イメ…
コメント:0

続きを読むread more

5241号 ワクチンバッヂ

ワクチンの接種がそろそろ始まりそうだが、一般の人は初夏ごろになるかもしれない。 私の勝手な想像だが、そのうち「ワクチン接種済みバッジ」が売り出されるのではと思う。 ワクチンを接種済みの人は、バッジをつけて「私はワクチンをすでに打ちました!」という自己宣伝ができるのだ。 すると彼は大きな顔をして街を闊歩する。 「近…
コメント:0

続きを読むread more

5240号 正義中毒

昔に比べ、最近は人の「悪」に厳しくなっています。 「許せない」と言うのです。 特に最近はSNSをはじめとするネット情報が氾濫し、その中で自分の意に沿わない相手に対し、言葉で激しく攻撃するのです。 その時、自分は正しいことを主張していると思っています。 インターネットがなかったころは、せいぜいテレビ・ラジオ・新聞・…
コメント:0

続きを読むread more

5239号 マスクの正しいつけ方

マスクのつけ方なんて、難しくないと思っていたら、自分が間違っていたことに気づいた。 マスクと言っても不織布マスクの場合だ。 新しいマスクを取りだし、裏と表はどちらなのか。 どちらの面を内側にするのが正しいのか。 ネットの指導によると: 1.ひもの取り付け方を見て、外側についている方が外側。 2.ひだが…
コメント:1

続きを読むread more

5238号 「乾隆帝」

乾隆帝(けんりゅうてい)は、清の第6代皇帝。 1,711年生まれだから、江戸時代の皇帝だ。 このころが清王朝の最盛期であった。 従ってテレビドラマ、映画にも多く取り扱われている。 名前は弘暦(こうれき)、在世時の元号の乾隆を取って乾隆帝と呼ばれる。 祖父「康熙帝」に幼い頃からその賢明さを愛され、生まれついて…
コメント:0

続きを読むread more

5237号 指を突っ込んで・・

“コロナのおかげで“また関連備品が増えました。 先日はピストル型の非接触温度計でした。 毎日「ピッ」と計っていますが、顔というのは温度が常に変化していて、計測値が一定に出ません。 顔を洗ってタオルで拭いて計ると、34度くらいになります。 またストーブに当たっていると、高い温度が表示されます。 それはそうです…
コメント:1

続きを読むread more

5236号 信号で止まる

私は運転して信号で停まると、短い信号の場所ではブレーキを踏んだままですが、大きな交差点ではサイドブレーキを踏み、レバーをNに戻します。 足をペダルからはなして少しの間“お休み”します。 ネットで検索すると、そのやり方は良くないという記事がありました。 <夜間に、渋滞や「赤」信号で短い停車をする時、ブレーキランプの光で後…
コメント:0

続きを読むread more

5235号 「花咲じじい」

「花咲じじい」は童話ですが、話の筋がいまひとつわかっていません。 「裏の畑でポチが鳴き・・」の歌では、話の一部しか語っていません。 もう一度話の経緯を調べてみました。 ある山里にやさしい老夫婦 → 傷ついた子犬を飼う → ここ掘れワンワン → 大判小判 → 近所に振舞う → 隣の欲張りで乱暴な老夫婦がねたむ → 犬…
コメント:0

続きを読むread more

5234号 脳ドックへ

2年おきに行っている脳ドック。 今年は2月に行きました。 6年くらい前にネットで探した飯田橋のクリニックです。 https://www.cviclinic.com/ ここは心臓の検査をする専門クリニックで、脳ドックは「おまけ」です。 4Fの受付に行くと、待合室にはたくさんの人が待っていました。 問診表…
コメント:0

続きを読むread more

5233号 森会長発言

森会長の発言が問題化しています。 「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる。誰かが手を挙げると、みんな発言したがる。女性というのは競争意識が強い」 外国からも批判の記事が書かれていて、森会長は謝罪せざるを得なくなりました。 森氏は自分が感じたことをそのまま述べていますが、感覚が昭和時代の老害です。 体験をそ…
コメント:0

続きを読むread more

5232号 蛇は描かない

家内が絵を描いている。 先日訪れた「水元公園」に設置してある北村西望の彫像だ。 この足の下にあるにょろにょろは、実はヘビなのだ。 家内はヘビが大嫌いで、これをどう描くのかちょっと興味があった。 これが描きかけの絵でヘビがない。 「ヘビは描かないの?」と聞くと、「描かない」だと。 しかし何か…
コメント:0

続きを読むread more

5231号 月の沙漠を・・・

我が家の周りに毎週木曜日、灯油販売の車がやってきます。 毎日どこかを回っているのでしょうが、我が家の近くには8:30頃に来ます。 遅れても10分程度で、かなり正確です。 我が家は私道の奥ですが、家の前に灯油タンクを出しておきます。 外で待っていなくても満タンにして所定の場所に置いてくれます。 「ピンポーン」…
コメント:0

続きを読むread more

5230号 最後は自国主義

ワクチンの接種について、いろいろ報道されている。 現在我が国が導入しようとしているのが、3種類のワクチンだ。 米国製が2,英国製が1だ。 かなりの量を確保していると見てよいかもしれない。 しかしふたを開けて見なければわからない。 どの国も自国民のためのワクチン量を確保しようとしている。 簡単に言えば「…
コメント:0

続きを読むread more