5041号 市町村

日本の自治体「市」は、英語での表記が、Cityだ。

「市」の他に「町」と「村」がある。

「市」となる要件は、人口5万人以上、中心的市街地に全戸数の6割以上があるなど。

町は、当該都道府県がそれぞれ条例で定める要件(人口、連坦戸数あるいは連坦率、必要な官公署等、産業別就業人口割合等)を具備すること。

村の法的な要件は、特段定めはなく、市の要件も町の要件も満たさなければ、自動的に村となる。


「市」がCityであるのは納得するが、「町」と「村」の表記がなんとも違和感を感じさせる。

よく地方の道路(高速を含む)を走っていると、自治体の境にその自治体の名称が書かれた看板のようなものが見られる。

それによると、「町」はTownである。

自然豊かな、青々とした木々が茂る森を見ながら、「ここがタウン?」と思ってしまう。

「歌舞伎町タウン」ならよくわかる。

「村」はVillageだ。

私は違和感を感じてしまうのだが、外国にも同じように「Town、 Village」が存在するから、私の違和感は間違いだろう。

もっとも外国の「Town、 Village」は内容がずいぶん異なるものが多いようだ。