アクセスカウンタ

≪昨日の風、今日の風≫

プロフィール

ブログ名
≪昨日の風、今日の風≫
ブログ紹介
2000年にオープンしたライブレストラン <HOTコロッケ> オーナーのブログです。
店の仕事を離れて、昔の思い出、趣味のラテン音楽とゴルフ、そして日々思うことや感じたことを書き綴ってみたいと思います。

zoom RSS

3855号 玉子と卵

2017/11/21 10:00
スーパで売っているパック詰めのタマゴですが、日付の表示が2種類書いてあります。

ひとつは当然ですが賞味期限、そしてもう一つが採卵日です。

中にはパック日と表示している商品もあります。

タマゴの賞味期限は14日で、採卵してから14日がおいしく食べられる期限だそうです。

我が家の冷蔵庫のタマゴを見て見ました。

確かに採卵日が書かれており、14日足した日が賞味期限となっていました。

パック日というのは、採卵日とは異なります。

採卵したタマゴを冷蔵しておき、出荷直前にパック詰めするため、賞味期限がいつなのか実際のところわかりません。

出来るだけ採卵日が書かれているタマゴを買いましょう。

ところで玉子と卵という漢字はどう使い分ければいいのでしょうか。

私の食事管理上、自宅で調理する場合は常に何をどれだけとメモします。

家内が書いたメモには必ず「卵」と書いてあります。

私がノートにそのデータを書き写すとき、「玉子」と書いてしまいます。

よく知らなかったので調べてみました。

すると「卵」というのは、生まれたままの姿のタマゴのことで、「玉子」は調理したタマゴのことだそうです。

タマゴかけごはんのタマゴは「卵」で、タマゴ焼きは「玉子」ということになります。


以前ゴルフ場で売っていたタマゴが、とてもおいしかったのを覚えています。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3854号 芦花公園

2017/11/20 10:16
私の予定表は、パソコン、スマホ、タブレットなど、すべて週の初めを月曜日に設定しています。

従って(月)〜(日)が1週間です。

今週は合計4回のライブをする週になりました。

最後の出演は、19日(日)芦花公園駅から歩いて10分くらいでしょうか、団地の中の集会所です。

もう何回もやりましたが、今年も呼ばれました。


家を早めに出て、ランチを明大前のスタバで軽くとりました。

芦花公園駅近辺にはカフェがないのです。

明大前スタバ:なぜスタバかというと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、

この店で働くバイトの女の子は、なぜかいつもかわいいコが多いのです。客の対応もよくできています。
(注:個人の感想です。客観的事実を示すものではありません。)


明大前から各駅停車の電車に乗り、芦花公園で降りるとメンバー全員が同じ電車でした。



私たちの前に出演していたグループです。
画像


画像


画像


これで11月のライブは終了です。


記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3853号 デジタル技術が世界を滅ぼす?

2017/11/19 10:37
現在の世界は、高速デジタルコミュニケーションという文明に依存している。

わずか数人のテロリストがやろうと思えば、世界規模のネットワークを妨害することもできるのだ。

これは現代文明の崩壊につながる。

ネットワークを支えているのは、正確に同期した時計だという。

現代社会のインフラは、すべて「正確な時間」に基づいて動いている。

その同期が乱されたらどうなるのか。

インターネットの時刻サービスは、100万分の1秒で同期されているという。

時間の正確さが必要なのは、電力網や通信ネットワークの同期、金融取引タイミング、そしてGPSなどがある。

もし同期が乱されたら、常時5千機以上飛んでいる航空機が危険にさらされる。

飛行機の衝突を避けるためには、実は正確な時間が必要なのだ。



小さなチップを手に埋め込み、チップにコンピュータウイルスを仕込んでおくと、社会インフラに感染させることができる。

するとネットワークを通じて、瞬く間にウイルスが広がっていく。

生物学的ウイルスは、人と人とが物理的に接触しなければ感染しないから、感染するのに数週間〜数か月かかるが、コンピュータウイルスではあっという間に世界に広がるのだ。



重要なインフラ、例えば原発などに対して、テロリストが悪意をもってウイルスを送り込んだら、想像を絶する結果となろう。

現代の「戦争」は、そうしたウイルスと、それを防ごうとするテクノロジーとの戦いになるのだ。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3852号 映画「Hidden Figures」

2017/11/18 10:40
日本での題名は「ドリーム」。

どうも題名がよくない。

この題名をつけるにあたっては、相当ゴタゴタしたらしい。

ここでは原題で表示した。


ケネディ大統領の姿が実写で登場するが、彼は「60年代中に人間を月へ到達させる」という声明を発表していた。

この映画はソ連に先を越されたアメリカが、追いつけ追い越せとNASAが必死に活躍する映画だ。

しかしテーマは人種差別。

NASAでは数学専門の黒人女性が軌道計算などで働いていたが、当時は差別が激しく、コーヒーポットまで「Colored Only]と書かれていた。

トイレももちろん別だった。

そこで数学の天才が活躍する。

白人の研究者の計算の誤りを指摘したりする。

しかし女がNASAで働き、しかも黒人であることは、当時はとんでもない状況だった。

映画ではこれでもかと、その差別を描く。


差別は今でも存在する。

人間が人間である限り、差別意識はなくならないだろう。

ブラジル時代、現地の建設会社とJVで法人を設立したことがある。

工事現場の監督を選別する際、相手方のエンジニアが私に「現場監督が黒人だが、君は偏見を持っているか?」と聞かれたことがある。

もちろん「ない!」と答えたが、人種のるつぼであるブラジルでも偏見がないとは言えない。

実話も元に作られた映画であるが、多少黒人グループを持ち上げすぎのようにも思えたが、なかなか感動する映画だった。

http://www.foxmovies-jp.com/dreammovie/index.html


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3851号 有楽町の変貌

2017/11/17 10:30
有楽町界隈はよく行くが、その変貌が著しい。

三信ビルがあったところの写真がこれだが、どうも新しいビルが建つ風でもない。

日比谷通りから階段で降りるような工事をしている。

ビルは建てないのだろうか。
画像

80年代から90年代始めに、この辺の会社で働いていたころと比べ、見上げるようなビルが林立している。

丸の内中通もブランド店が目白押し。

しかし変わらないといえば、JRの線路下の構造。

石だかレンガだかで作られており、どのくらいの年数が経っているのだろうか。

100年以上経っているかもしれない。



ガード下から見上げると古いケーブルが見える。

こんなところにあるケーブルは何のためにあるのだろうか。

電気だろうか、電話線だろうか、それとも使われていないものか。

向こう側に透けて見える白いビルは「有楽町マリオン」だ。

画像


有楽町は最新の風景とともに、過去の古い姿が共存している街だ。



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3850号 11月のTEPITO

2017/11/16 10:44
奇数月の第三水曜日は下北沢の「TEPITO」出演です。

今回も相変わらず満席です。

他の日がそうなのかは知りませんが、とにかく人気のある店ですね。

今日15日は、東京外語大スペイン語のOBの同窓会がありました。

メンバーの澤西さんと張替さんは同じ外語。
画像


その中の人に写真を頼みましたが、なにしろ狭いスペースで、距離も近すぎて全員が入りませんでした。
画像


画像




ところで今日はNHKラジオのディレクターが来ていました。

ママさんと話がついているようで、ロス・コンパニェロスラジオ出演の話が出ました。

具体的にはまだ言えませんが、来月後半に呼ばれるかもしれません。

月曜火曜と続き、今週3回目のライブが終了です。

あと日曜日にあります。


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3849号 千歳烏山社協

2017/11/15 10:14
ロス・コンパニェロスは世田谷を中心に活動しています。

11月13日は千歳烏山の「区民センター」に行きました。

館内に入ると、世話役の方が数名「お待ちしていました」とニコニコ対応してくれました。

もう何度もここでやっていますが、関係者の言葉では「7回目」だそうです。

「そんなにやったかなぁ」と思います。

聴衆は年配者ばかり、世田谷区の職員が写真を撮ってくれました。

画像


画像


持ち時間40分で、2曲日本の歌を入れ、みなさんに歌ってもらいました。
画像

「あこがれのハワイ航路」と「青い山脈」というレトロな歌です。

私たちの歌をあんなに喜んでいただけるのは、とてもありがたいことです。


終了後、社協の世話役の方たちとの打ち上げです。

女性は82歳で元気いっぱい。

「あとから若いのが来るから」と言って、ちょっと期待していたのですが、来たのが70歳の女性。
画像

この方も元気で、やはり女性の方が長生きするんだと、再認識しました。

奥の男性は90歳になろうというすごさ!

楽しく語らい笑って過ごしました。


ところで私と伊藤君は、早めに千歳烏山へ行き有名なそば屋「典座」で昼食。
画像

ここの鴨せいろは絶品、今まで食べた中で最高と言えます。

今週はなんと4回ライブがあります。



記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3848号 江戸川フィルハーモニー

2017/11/14 10:12
久しぶりのクラシックコンサートです。

場所は江戸川区総合文化センター大ホールで、オーケストラは「江戸川フィルハーモニーオーケストラ」で、した。

このオーケストラは春秋に定期演奏会を開催しています。
画像


プロのオーケストラではないとはいえ、おそらく全員が音大出身なのでしょう。

コンサートマスターは女性で、彼女だけ椅子が違っていました。

よく見るとピアノの椅子でした。


プログラムにこんなことが書いてありました。
画像


画像


「クラシック音楽を楽しむためのマナーについて」
クラシックのコンサートは、音をたてずに静かに聴くのが基本的マナーです。
会場内では・・・・

・携帯電話の電源は・・・(マナーモードでも振動が気になるものです)
・演奏中のおしゃべりは・・・(ヒソヒソ話も意外と目立ちます)
・プログラムやチラシは、音を立てずにめくってください。
・客席での飲食は・・・・
・咳やくしゃみが出そうな時は、ハンカチで口を覆い、なるべく音が出ないようにしてください。
・拍手は、曲が終わってからにしましょう。楽章ごとの拍手は演奏に支障が出る場合があります。

ずいぶん親切(細かい)注意です。

大きなくしゃみをする私には、良いアドバイスです(笑)。

途中で拍手をする人はさすがいませんが、第3楽章が終わっただけなのに、全楽章が終わったと勘違いする場合もあります。

自信のない時は、周りの人が拍手をし始めてから、拍手しましょう(笑)。

カラオケでは、ワンコーラスごとに拍手するのが当たり前のようになっていますが、曲が終わるまで我慢しましょう(笑)。(よくあるんですが私はしません)

それとプログラムには、楽団員募集のお知らせがありました。

バイオリン8名、ヴィオラ若干名、チェロとファゴット1名ですが、どこのオーケストラも人員には苦労しているのでは・・・。



クラシックコンサートでよく見るのはこんなシーンではないでしょうか。

指揮者がもったいぶって登場し、何も語らず、終わると拍手の中で退場します。

拍手が止まないので、その後何度も出たり入ったりします。

“仕方がない”ふりをしてアンコールを始めますが、なんの曲なのか説明は一切ありません。

私はこういうわざとらしい振る舞いが好きではありませんが、今回のコンサートでは、指揮者の藤岡幸夫氏が演奏前に、マイクで本日演奏するの曲の説明をしてくれました。(すばらしい!)

そして出口のところには「本日のアンコール曲は・・・・」と説明表示がありました。



話は変わりますが、私が一番好きなのは、開始直前のチューニングです。

オーボエがAの音を出すと、一部の楽器が鳴り出し、そのうちに全楽器が「ファー〜オ〜」と鳴ります。

あの音が大好きで興奮します。

目をつぶると、暗黒の世界を進んで行く宇宙船のシーンが浮かんできます(笑)。



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3847号 映画「栄光への脱出」

2017/11/13 10:25
「栄光への脱出」という映画は1960年に作られたアメリカ映画である。

高校生の頃、パットブーンが歌った主題歌が気に入っていて、少し覚えたが映画は見ていなかった。

それに高校生の頃、ユダヤ人とかイスラエル建国とかまるで知識も興味もなかったから、どんな映画なのかもよくわかっていなかった。

大人になってからユダヤ問題に興味を持ち、読んだり観たりしたが、高校生の頃ユダヤ人と言えば、ベニスの商人のシャイロックくらいの認識しかなかった。


最近TVで放映したので初めて観ることになった。

「Exodus」が原題で、「出エジプト記」になぞらえている。


<ホロコーストを生き延びたヨーロッパのユダヤ人多数がパレスチナへ移民しようとしたが、そのほとんどはイギリスが設けた移民枠を超過した不法移民で、多くがイギリス軍に捕まりキプロス島の難民キャンプに送られていた。

難民キャンプで看護婦として働いていたアメリカ人のヒロインの前に、エクソダスと名付けた貨物船を手に入れて彼らを極秘のうちにパレスチナへ送ろうとするユダヤ人で元兵士の主人公が登場する。

船に乗り込んだ移民たちはイギリス軍との緊迫した駆け引きの末にパレスチナへとたどり着くが、イスラエル建国への道のりは厳しく、次から次へと困難な状況が訪れる。

果たして彼らは「栄光への脱出」を実現できるだろうか。>



主題歌の歌詞はこう始まる。

This land is mine
GOD gave this land to me
・・・・・・・・

“This land”とは、旧約聖書で神がイスラエルの民に与えると約束した土地のこと。

この聖書の記述が、以後の歴史上どれほどの混乱を生じさせることになろうとは・・・。



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3846号 97年11月の悪夢

2017/11/12 10:58
今から20年前、1997年11月は我が国が危機を迎えていた。

画像

この本を読むと、当時の政府・大蔵省の動きが詳細に描かれている。


11月3日 三洋証券が破綻する。

証券会社の倒産は戦後初のことだった。

そして 北海道拓殖銀行が破綻。

都市銀行の倒産はこれも戦後初のことだった。

徳陽シティ銀行(宮城県)が破綻。

そして24日あの山一證券が破たん(自主廃業)し、大ニュースとなった。

12月になると 丸荘証券が自己破産申請した。

そして1年後には長銀と日債銀が破たんする。


バブル処理の影響がこうして、最後の最後に現出していった。

大きな船は沈むのに時間がかかる。



そもそもバブルはどうして起きたのか、個人的にはこう思う。(異論があるだろうか)

・80年代、アメリカは双子の赤字に苦しんでいた。

・アメリカは貿易赤字を解消しようと、先進5か国の蔵相中央銀行総裁がプラザホテルに集められた。

・竹下大蔵大臣は、ベーカー財務長官との交渉で押し切られ、「プラザ合意」により円高が始まった。

・「日本はアメリカに輸出ばかりするのではなく、そのエネルギーを国内に向けろ」というアメリカの圧力。

・内需拡大の大方針が立てられ、日銀は低金利政策を開始する。

・行き場のなくなった資金は株式・不動産その他に向かう。

・不動産の高騰は、東京に来るアメリカの金融関係幹部の住宅不足から始まる。

・いわゆる「財テク」と呼ばれた世相が生まれる。

・土地の高騰が社会問題化し、大蔵省は劇薬(総量規制)を処方する。

・日銀は金融引き締め政策を行う。

・その結果土地価格は一転下落に転じ、銀行の不良債権化が急激に増加した。


大きな船は沈むのに時間がかかる。

当時13行あった都銀は、いまや3メガバンクに集約された。

20年前、97年11月は日本の悪夢であった。


PS:写真の本は6月ごろ読んだのだが、20年目になる11月を待って記事を公開した。


記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3845号 テレビCMの家族

2017/11/11 10:40
テレビのCMには家族がよく登場する。

注目は不自然に若いきれいなお母さんと、修学前のかわいい子供たちだ。

こんなファミリーは滅多にないだろうが、CM製作者が考える、消費者たちの理想家庭なのだろう。

高校生になった娘がスマホに熱中して、ブスッとして何も言わず、父親が「お前はなにやってんだ!?」と言うと、不愉快そうに「別に・・」というようなシーンは決して出てこない。

母親が20代の俳優で、子供が小学生の男の子だと、「いつ産んだのか」と突っ込みたくなる。

父親は大体は余計者扱いで、ワンコイン以下の昼飯を食っている男のようだ。

主役はあくまでも母親と子供だ。

こういうCMは面白くない。




記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3844号 ゴルフ会

2017/11/10 10:17
元の会社の仲間との定期ゴルフ会が8日ありました。

場所は3年前にプレーした、「ザナショナルCC千葉」です。

今日は11人参加ですが、中に初めて参加した人が二人いました。

この人が博多からはるばるやってきました。
画像


「会社にはいつからいつまでいたの?」と聞くと、「89年から91年ちょっと」と答えました。

2年ちょっとしかいなかったにしては、印象が強く、思い出もたくさんありました。

朝は雨交じりの天候でしたが、みなさん元気にスタートしました。
画像


みなさん思い思いのスコアでしたが、いつもながら楽しいラウンドでした。

そして恒例の居酒屋での表彰式。

ゴルフというよりは、飲み会です(笑)。
画像


画像


画像


画像


五井駅そばの居酒屋では、海鮮物がたくさん出ましたが、最近の居酒屋は価格リーズナブルですね。
画像

千葉に住んでいる、元の社員も急きょ参加し、12名となりました。

笑って笑って予定の時間は瞬く間に過ぎ、次回の日程を決めてお開きに。

会社が無くなって、それぞれが別の人生を歩んでいますが、こうして定期的に会えるのは幸せです!



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


3843号 定期健診

2017/11/09 10:09
前立腺がんの全摘出手術をしてから、定期的にPSAの検査をしています。

PSAは前立腺がんの可否を示す数値で、2年前に10を超えました。

術後3か月、6か月、6か月の検診が過ぎ、今回11月が検診月でした。

江戸川病院の外来棟(メディカルプラザ)の中は、相変わらずたくさんの患者。

まずは採血です。

ここの採血コーナーの看護師は、おそらく毎日100人くらい処置しているのでしょう、さすが上手なものです。

泌尿器科の診察室前で待つこと2時間以上、表示ボードに自分の番号が映し出されました。

「久しぶりです!」と先生が・・。

「とても良い結果ですよ」とPSAの数値を教えてくれました。

「次回はもう1年後でいいですよ」

半年おきが1年に変わりました、バンザイ!


お礼を言って診察室を出ると、すぐに呼び戻されました。

何かなと思ってまた椅子に座ると、

「□□□□の□□はどうですか?」と神妙な顔。

「□□はありますが、□□□□しません」

「□□?」

「□□□□□!」

「よければ□□で□□□□も可能ですが・・・」

「必要ないです・・・・□□ですから・・・□□□□のはまずいです」

その言葉先生も思わず苦笑い・・・・・。


結果が良かったのでうれしいです。


記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3842号 ビースト

2017/11/08 10:05
トランプ大統領が離日した。

オバマ前大統領が来日した際も、大統領専用車に乗っていた。

アメリカの大統領は、どこへ行くにもこの車、通称「ビースト」(野獣)に乗る。
画像

驚くことは、大統領が移動(別の国でも)すると、到着空港には別のビーストが待っていること。

ということは何台もビーストを持ち込んでいるのだ。

道路を走る際は必ず2台来る。

どちらに大統領が乗っているか、わからないようにするためだ。

アメリカ空軍の大型長距離輸送機・C-17 グローブマスターIIIががビーストを運ぶ。
画像



仕様は最高機密だ。

全長5.5メートル、全高1.8メートル、重量8トン。

近くで爆弾が破裂しても、ロケット弾で被弾しても壊れない。

まるで装甲車だ。

ドアは20cmの厚さで、防弾ガラスの厚さは12cm、タイヤは銃弾を受けてパンクしても走れる。

化学兵器にも強く、エンジンはディーゼルで発火しずらい。

そして暗視カメラ、酸素ボンベ、輸血用血液製剤を備え、催涙弾やショットガンなどの銃火器も前席に完備されている。


トランプ車のナンバープレートを見ると、外交官ナンバーつけられていた。

これは当事国のルールにより、そのままでいい時もあれば、日本のようにそのまま使用する事が禁止されている国の場合は、現地の外交官ナンバーに付け替える。

韓国の空港にも、ビーストが待っているに違いない。


いろいろ意見はあるだろうが、アメリカという国は想像を絶する国だ。

トップの安全を維持するため、膨大な費用をいとわない。


無事大統領を送り出すことができ、まずは警備関係者にお疲れ様と言いたい。






記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3841号 キョンセーム

2017/11/07 10:38

千葉県勝浦市など房総地域で、小型の鹿、「キョン」が大発生して農家などに被害を与えているとの報道がありました。


その鹿の皮、キョンセームをご存知でしょうか。

その鹿の頭皮から作られるセーム革で、バイオリンなどの楽器の手入れに用いられている最高級品のことです。


元は中国で獲れる鹿なのだそうです。

古い歴史がありHPには、<卑弥呼が中国三国時代の魏の国に使者を送り魏の国の王(曹操の長子、曹丕)からその返礼として親魏倭王の印綬、銅鏡等と一緒にキョン皮が送られました。>と書いてあります。

10年以上前でしょうか、ギターを拭くクロスの代わりに購入しました。

画像

HPを見ると、楽器以外にも、カメラやメガネなどレンズをきれいにするものや、なんと洗顔・クレンジング用キョンセームまであります。

結構いい値段でしたが、結局しまいこんでしまいました。

何年かしてしまってあるところから出して見ると、カビです!

一度洗ってカビを取りましたが、すこし跡が残っています。

大きなセーム革を少し切り取ってメガネを拭いたりしていますが、確かにきれいになります。

物はいいのですが、新素材がどんどん出来る今日この頃で、自然の産物であるキョンセームが今後どの程度売れるのか、若干心配ではあります。


http://shop.kasuga-fur.jp/creativeholic/kasuga/shop/products/list.php?category_id=19



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


3840号 カントリー&ウェスタン

2017/11/06 10:42
HOTコロッケでライブがありました。

江戸川稲門会(早稲田大学OB)の集まりでした。

会員メンバーにタイトルのジャンルを演奏するバンドがあり、今日11月5日はそのバンドのライブです。

こんな冊子を見せてもらいましたが、サークル(アメリカ民謡研究会)の結成55周年記念で作られたものです。
画像
中をのぞいてみると、古いメンバーの出演写真やら、よく古いものが残してあったかとびっくり。このサークルは20年ほど前に“絶滅”してしまい、今はありません。


まずは、「サニーカントリーボーイズ」の演奏です。
画像


画像



画像


これは珍しい、初めて見ました。スチールギターはよくありますが、これはペダル付きの「ペダルスチールギター」といいます。
画像
ペダルは何のためにあるかと聞いたところ、「半音を出すため」とのこと。機材全体で22Kgもあり、一時これを持って転んだことがあったとか。


次に登場したのが、「タカナカ」というバンドで、高山さんと中村さんの名前をくっつけただけのバンド名です。
画像


これも珍しい楽器。「オートハープ」というもの。ボタンはコードを作るためのもの。
画像



画像



画像



画像


楽しいライブでした。

このバンドはあちこちで活動していて、都内その他のライブハウスもよく知っています。

HOTコロッケを気に入ってくれました。

カントリー&ウェスタンは、いまややる人も少なくなって、絶滅危惧種かもしれません(笑)。

みなさん私と同じ年代で、ジャンルこそ異なりますが、お互いこれからも出来るだけ長く活動していきたいものです。

お疲れ様でした。

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3839号 江戸川区の相撲

2017/11/05 10:32
篠崎駅前の「篠崎文化プラザ」の図書館に行くと、隣の企画展示会場にこんな展示がありました。


「稀勢の里」の部屋が江戸川区にあることは、知っていましたが、昔活躍した大横綱「栃錦」も江戸川区の出身だとは初めて知りました。

HPにはこの解説があります。
<古くから日本国民に愛され続けてきた「相撲」。
平成29年1月、第72代横綱となった稀勢の里に続き、同年5月、高安が大関に昇進。この横綱・大関を擁する田子ノ浦部屋があるのが江戸川区の東小岩です。
奇しくも第44代横綱・栃錦の出身地である小岩から再び横綱が誕生しました。
相撲のお膝元である両国から東に約7qに位置する江戸川区。普段はあまり知られていない江戸川区と相撲の関わりをひも解きます。本企画では、現在大舞台で活躍している力士の紹介はもちろん、稽古に挑んでいる若手力士や相撲を支える人々、また、応援している地方団体の方々を紹介します。>



コメントは書きませんので、写真のみ楽しんでください。
写真をクリックすると大きい画像に変わります。
画像



画像



画像




画像



画像



画像



画像




来年の1月28日まで開催されています。



記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


3838号 鉄の塊「プシケ」

2017/11/04 10:04
プシケ は、太陽系の小惑星のひとつで、火星と木星の間の軌道を公転していて、小惑星の中では13番目に大きな天体です。

大きいと言っても直径は253Kmで、太陽の周りを5年の公転周期で回っています。

この小惑星の特徴は、金属でできているということ。

組成は純度の高い鉄とニッケルからなる金属惑星なのです。

「金属小惑星」と呼ばれているプシケのような小惑星は、とても珍しいのだそうです。

地球などの惑星はコアの部分は鉄でできていますから、通常鉄は惑星の中心分しかありません。

いま世界中の天文学者がこの小惑星に注目しています。

2017年、NASAはこの小惑星に探査機を飛ばすことを決定しました。

探査機は2022年8月出発、2026年イ1月にプシケに到達し、20か月にわたってこの金属惑星を調査します。

巨大な鉄の塊がなぜ宇宙に存在するのか、とても興味があるところです。


記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3837号 映画「エルネスト」

2017/11/03 10:34
チェゲバラをご存知の方は年配の方ではないだろうか。

アルゼンチンで生まれ、ブエノスアイレス大学で医学を学ぶ。

28歳の時、キューバのフィデル・カストロとメキシコで出会い意気投合。

3年後の1959年革命(キューバ革命)に成功し、この年に日本を訪れている。

広島へ行き原爆資料館を訪問した。

「アメリカにこんなひどい目に遭わされておきながら、あなたたちはなおアメリカの言いなりになるのか」と案内人に語ったという。

1966年ボリビアに渡り、革命軍に参加したが失敗し、翌年処刑された。

39歳だった。



キューバへ医学の勉強に訪れていたのが、ボリビア日系人のフレディ・前村という青年だった。

映画「エルネスト」では、広島訪問時ゲバラがこう語る。

「安らかに眠って下さい 過ちはくりかえしませぬから」という原爆記念碑を見て、「何と書いてあるんだ」と通訳に問いただす。

通訳の言葉を聞いて、「主語がないではなか」とつぶやくシーンがある。

(主語がないということについて、以前このブログで書いたことがあった。)


エルネストはゲバラの名前ではあるが、日系人のフレディに「お前はこれから戦士名を変えろ。これからの名前はエルネストだ」と告げる。

オダギリジョーがフレディの役で演技しているが、スペイン語が流暢で驚いた。

先月観たが良い映画だった。


http://www.ernesto.jp/



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3836号 小野寺あんなさん

2017/11/02 10:09
あんなさんはHOTコロッケの元スタッフです。

地元の高校生の時、アルバイトで働き始めました。

当時クルエルシー(長期出演ベンチャーズバンド)では、女性歌手が次々に“卒業”していたことがあり、あんなさんを紹介して何度かステージで歌ったことがありました。

高校を卒業し、都内の大学に通い4年間合計7年(本人談)もの間、HOTコロッケで働いてくれました。

ワインオープナーを左手で右回しに操っていた姿を思い出します。

ほとんどの器具は右利き用に作られていますから、結構大変だったと思います。

そうそう、何の時だったか覚えていませんが、私が店で「昴」を歌ったとき、萌さんがベースを、あんなさんがドラムを叩いてくれました。


就職して1年後に退職、現在語学の勉強で韓国に留学しています。

ツイッターで彼女と時々やりとりしていますが、インスタグラムでも多くの画像(韓国の食べ物が多い)を投稿していますので見ています。


最近の情報では、今年MIKI EXELANDの東京モデル代表に選ばれたとか。

先週一時帰国し、モデルウオーキングの練習に行ってきた様子がインスタグラムの動画に出ていました。

「この度、MIKI EXELAND 2017 東京 代表モデルになりました! 「FORZA STYLE」編集長ファッションディレクター/干場義雅さんの総合演出による、ファッションショーに、本物のモデルの方々と一緒にランウェイ歩きます😉」と書かれています。

11月1日にまた韓国に戻ってしまいましたが、帰国時の感想として日本の電車の中に“軍服姿の青年”がいないこと、マスクをしている人が多いこと、年寄りに席を譲らないことなどツイッターに書いていました。


今のHOTコロッケには、彼女の幼友達で高校同期の女子、あやかさんが働いています。

右手前があんなさん、左手前があやかさん。
画像


若い人は将来への選択肢がたくさんあって楽しみですね。



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


3835号 秘密練習!

2017/11/01 10:35
来週のコンペに備え、コースを見ておこうと秘密練習に出かけました。

ここは昔、女子プロのトーナメントをやっていたゴルフ場で、たしか「廣済堂レディス」とか言っていました。

80年代だったと思いますが、トーナメントを見に行きました。

その時の優勝者が日蔭温子でした。

そのあと翌年か翌々年か、岡本綾子が当時美人ゴルファーと評判だった山本祥子と優勝争いし、岡本が18番で勝つというドラマチックな試合がありました。

久しぶりに行ってみると、古くなっていますねさすが・・・。
画像

18番(西9番)の有名な木は下の方の枝を切り取ってしまい、つまらないことになっています。
画像

コースはかなり無理目の作りになっていて、よくこんなコースでトーナメントをやっていたと感心しています。

カートがフェアウエイに乗り入れられるのが特徴でしたが、今日は台風の後と言うこともあり、「乗り入れ禁止」という掲示が出ていました。

カートは二人乗りですが、リモコンもないので、フェアウエイに乗り入れられないとすると、メリットはなく、結構アップダウンが多いので厄介です。

ところがいつもなら2、3個は紛失・池ポチャするのですが、ボールをひとつも無くさずに終わったのは驚くべきこと(笑)。

帰りは市原の道の駅で野菜を仕入れ、ジェラート(イチジク味)を注文!
画像


近いので2時過ぎには帰宅できました。


記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3834号 「朝鮮の歴史」

2017/10/31 10:54
画像



この本は原始時代から1993年の文民政権誕生まで、数千年にわたる朝鮮の歴史を100の主題にまとめた本だ。

各章は次のようになっている。

1.先史時代から古代国家の形成
2.古代3国の発展と渤海
3.高麗王朝時代の政治と社会
4.朝鮮王朝前期の社会
5.朝鮮王朝後期の社会
6.封建社会の崩壊と近代への胎動
7.外圧下での近代化
8.植民地化への道程
9.植民地下の朝鮮
10.解放から分断へ
11.現代社会の展開


100のテーマの97に朴正煕軍事独裁政権誕生が書かれているが、98になるといきなり1970年の事件に飛ぶ。

1965年の日韓基本条約のことは一言も触れていない。

日本人からすれば、あんなに大事なことなのにと思う。

この条約では、日韓国交樹立、日本の韓国に対する約11億ドルの経済協力、両国間の請求権の完全かつ最終的な解決、それらに基づく関係正常化などが取り決められた。

当時の韓国の国家予算は3.55億ドル、日本の外貨準備額は18億ドル程度であった。

膨大な資金が出たが、韓国政府が行った個人への補償はスズメの涙で、大部分は道路やダム・工場の建設などインフラの整備や企業への投資に向けた。

そのため「漢江の奇跡」と呼ばれる経済発展を遂げることができた。

これだけの事実を書かないで無視するというのは理解に苦しむ。

現在の韓国の人もひょっとしたら、11億ドル(当時のレートで4000億円、日本の国家予算3.4兆円)も支払われたことを知らないのかもしれない。

作者が知らないとは思えないが、書かないとしたら何らかの思惑があると感じる。

現在の慰安婦問題や強制徴用工の補償など、いまだにくすぶっている陰に、この件が国内に知らされていないことがあるのかもしれない。



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3833号 絶滅危惧種なんて言わせない!

2017/10/30 10:38
私がやっているライブの音楽は、中南米の歌です。

ラジオから流れる音楽と言えば、ほとんどが英語の歌。

アメリカが世界を席巻している証左でもあります。

世界にはさまざまな言語があり、歌があります。

いまや絶滅危惧種となったラテンの歌なのですが、一部の仲間の間では、脈々と生き続けています。

そんな仲間を集めての「ラテン音楽の夕べ」を29日に開催しました。

台風が近づく中、年配者が多いので、15時開始です。

出席を予定していた何人かは、どうしても外せないお仕事だったり、家族の病気だったり、友人のお葬式だったり、参加できなくて残念でした。


まずは毎月のソルテロスから口開け。
画像


伊藤さんの「ラ・ジョローナ」で。
画像


マリアちゃんの歌声。
画像

ありがたいことに満席でした。
画像


画像


ロス・コンパニェロスは張替さんが来れないので3人で。
画像


世田谷でのロス・コンパニェロスライブで知り合った本間さん、3曲歌いました。
画像

本間さんはお客様を14人も呼んでいただき感謝です!

本間一明さんはピアノの伴奏でロマンチックな歌を・・・。
画像

HOTコロッケにも時々いらっしゃるキミータさん。レキントはジローさん。
画像


再びマリアちゃん、ククルククパロマ他を熱唱。
画像


最後に全員でシェリートリンドを歌い、踊りだす人も。
画像



これらの写真はサークルの後輩が撮ってくれました。

1人の写真もありますのでこれも公開します。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


みなさんお疲れ様でした。
19時終了。


記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


3832号 修繕積立金が危ない!?

2017/10/29 11:18
先日のNHK「クローズアップ現代+」で驚くべき報道がありました。


現在の分譲マンションは、十数年に一度「大規模修繕工事」が行われます。

工事の内容は、外壁補修、防水対策、塗装など、マンションごとにさまざまです。

管理組合員、つまりマンション所有者は、管理費以外に「修繕積立金」を支払っていて、何年もたつと、この修繕積立金がかなりの金額になるのです。

マンションは大きな建物ですから、新しいうちは快適ですが、何年も経つといろいろ不具合が出てきます。

それは当たり前のことで、その時のために、管理組合は修繕積立金を貯めているわけです。

ところがその金を目当てに、よからぬ企てをする輩が多いのだとか。

住民はいわば素人ですから、なにが悪くなって何をしなければならないかが、よくわかりません。

そのため、設計コンサルタントと契約し、どこを直したらいいのかなど、アドバイスを受けます。

このコンサルタントが“いい人”ならいいのですが、こういうケースがあるのです。

まず修繕積立金がいくらあるかコンサルは把握します。

で、修繕箇所の指摘と、見積もりをどこからか取ります。

どこからかというのが問題で、見積もりを出す建設会社とコンサルがつるんでいると、修繕積立金を使い切るような見積もりを出させます。

そしてコンサルは、工事業者から10%〜のバックマージンをいただくのです。

工事業者はコストを抑えるため、いわゆる手抜き工事で利益を出すという手口になります。

すべては住民の無知無関心からくるのですが、どだい無理な仕組みなのです。

マンション業者は売ってしまえば「あとは皆さんで・・」ということになり、素人集団が、悪辣な業者の餌食となるのです。

1000戸以上の大規模マンションがありますが、大変だと思います。

根本的に仕組みを変えない限り、犠牲者は減らないでしょう。


http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4049/




記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3831号 内向性外向性

2017/10/28 10:02
彼は社交的だとか、うちの子は内向的で・・とか言う。

一般的に社交的な人がもてはやされ、内向的な人は“後回し”にされる傾向がある。


調べてみるとこんなことが書いてある。

外交性とは:

興味や関心が外界に向けられ、刺激に敏感に反応し、決断が速く、行動的で社交的な性格特性。

深層から発する心的エネルギーが、外界に向かって働くタイプを外向性と呼んだ。

周囲の客観的事象に注意と関心が向いており、それを基準にして自分の態度を決定する。

行動は現実的な物事によって方向づけられ、思考は能動的で判断は総合的である。

このタイプの神経症としてはヒステリーがあげられる


内向性とは:

興味や関心が自己の内面に向けられ、主観的、内気・孤独で思慮深い反面、実行力・社交性に乏しい性格特性。

外向性とは逆に、興味や関心が外界でなく自分自身に向けられる性格のこと。

思慮深く控え目で、決断に際してためらいがちで、実行力に乏しい。

また、物事に対して懐疑的、批判的で、自説にこだわりやすく、感情をあまり外に表さず、引っ込み思案で、友人が少ない。

考え方は抽象的、理論的で、具体的、実際的でない傾向がある。



さらに:

・外向的な人の脳のほうが、内向的な人よりも「人の顔」に強く反応する。

・内向的な人の脳は、人の顔でも花の写真でも同じような反応を示す。

・つまり外向的な人にとっては、人の顔ひいては人間そのものが、より重要な位置を占めているということである。

・物事を説明する際、外向的な人は抽象的、内向的な人はより詳細で具体的な物言いをする。

・外向的な人のほうが装飾的なファッションを好み、内向的な人は実用性を重視する。

・外向的な人のほうが概して幸福感が強く、一度覚えた幸福感が長続きするとされる。

・しかしそのはっきりとした理由はわかっておらず、何をもって幸福とするかはもちろん人によって異なるため、単に外向的な人のほうが幸福感を外に向かって表現しているからそう見えるだけという説もある。



ということでよくわからない点もあるが、人は外交的要素と内向的要素の両方を備えていて、外部からの刺激に対し、どちらに反応するのかという程度ではないかと思う・



記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3830号 脳ドックへ

2017/10/27 10:11
おとといは2年ぶりの飯田橋へ。

2年ごとに脳ドックへ行って検査してもらっています。


飯田橋を降りてしばらく行くとそのクリニックがあります。

4Fの受付で「予約した・・」と名前を言い、診察券と保険証を出して待合席で待つのです。

ここはもう4回目ですが、以前はこんなに“お客さん”はいなかったのに、ずいぶん増えました。

ここは主に心臓関係の患者が来るのです。

私は医者に言われているわけではなく、自主的に検査をしているので、保険は利きません。

更衣室で着替え、1FのMRI室に行きます。

MRIが苦手という人がいますが、私は平気です。


ガガガー・・・・ドヒュッドヒュッドヒュッドヒュッ・・・ピーピーピーピーガガガーガガー
ガンガンガンガン・・・ヨイトマケヨイトマケ・・ズヒョッズヒョッズヒョッ・・・・ブルブルブルガガー
エンヤトットエンヤトット・・・・・・・ピーピードスンドスン・・・・

突然音がしなくなり、もう終わりかと思うとまたガガガー・・・・ドヒュッドヒュッドヒュッドヒュッ・・・ピーピーピーピーガガガーガガーガンガンガンガン・・・ヨイトマケヨイトマケ・・ズヒョッズヒョッズヒョッ・・・・ブルブルブルガガー エンヤトットエンヤトット・・・・・・・ピーピードスンドスン・・・・

雑音に負けないように、一生懸命歌の歌詞をなぞっていても、そのうち疲れてきてじっとしています。

のどがカラカラ・・・・。


終わるとほどなく医者の見立てがあります。

1箇所従来からの注目点は2年前と変化がないそうで、特に問題ないとのことで一安心でした。



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3829号 製造業大丈夫?

2017/10/26 10:31
我が国の代表的なメーカーの不祥事が続発している。

日本の製造業の信頼が失われかねない、ゆゆしき事態が起きている。

日産の事案、資格を持っていない従業員が検査していたということだが、そういうことは他でも見受けられるのではないか。

詳しいことは知らないが、資格のある者と資格のない者とで、仕事を処理する能力の差がほとんどないのかもしれない。

そうでなければ「代わりにやっておいて」とは言えないだろう。



多くのケースでは、トップに問題があるようだ。

ワンマンな経営者で、下の者がよい情報しか上げず、そのままにしていることがある。

下の者は保身のためでもあるのだろう。



私が大学を出て、最初に就職したあるメーカーでのこと。

26歳、貿易部に所属していた私は、東南アジアへの出張を命じられ、シンガポールの代理店でこんな話を聞いた。

「SL-101は故障が多い」という話だ。

香港、バンコック、シンガポールを回り、台湾の高雄の工場に行ったとき、たまたま社長が来ていた。

創業社長でいわゆるワンマン社長だった彼に、「SL−101の故障が多く不良品が出ています」と話した。

社長は驚いたような顔をしていた。

その夜台湾料理店に接待してくれた現地のトップがこう言った。

「君はよく社長にあんなことを言えたね」と。

その時は意味がわからなかった。

サラリーマン社会を巧みに泳いで行く術など、まるっきりわからない若輩者だったから、思ったことを言ってしまったのだが、年長者が驚いてそれを指摘したのだとあとでわかった。

そのワンマン社長に悪い情報を上げることなど、怖くて誰もやらない社内体質らしかった。

数年後、その会社は外資に飲み込まれてしまった。

そしてそれが私が転職するきっかけとなった。





記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3828号 ロス・コンパニェロスin世田谷

2017/10/25 10:11
1年ぶりの場所です。
ここで演奏するのは、2011年以来毎年呼ばれていますから、これで7回目ということになります。
画像


この会場で歌声タイムや簡単体操の時間があり、そのあとに私たちの出演があります。
画像


会場の後ろにある小部屋が控室になります。
ふすまの向こうから、「荒城の月」「浜辺の歌」など聞こえてきます。
画像


いつものように元気なお年寄りがたくさん集まりました。
画像


みなさん楽しみに待っていたとのこと。澤西さんのMCに会場が笑いの渦に包まれます。
画像


1部と2部ですが、軽く歌って約1時間のライブでした。
画像

お客様はほとんどが女性ですが、中にいた一人の男性が控室にやってきました。

なんでもトリオ・ロス・パンチョスのファンで、メキシコまで行って、レキントのアルフレッド・ヒルの自宅にまで行ったそうです。


終了するとちょうどお昼時。
打ち上げは明大前駅近くの有名なお蕎麦屋さん。
画像

注文を取りに来た女将がこう言います。

「ラテンをやってきたんでしょう?」

なんでも午前中に出会った知り合いが、「今からふれあいの家でラテンを聞く」と言ってたのだそうです。

私たちのギター見て気が付いたのでしょう。


記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3827号 台風一過

2017/10/24 10:17
夜3階の寝室で寝ていると、家がユラユラ揺れている。

うつらうつらだったが、また揺れてるんだと思ったが、台風の時はいつものことなので怖くはなかった。

一夜明け、午後になると真っ青な空が見えてきて、散歩に出た。

久しぶりの太陽だが、川がどうなっているのか気になったからだ。

散歩にはちょうどいい距離に旧江戸川が流れている。

その水門は江戸川が二つに分かれるところにある。

篠崎水門という場所だ。

画像

遠くに見えるビルは市川市だ。

普段はこんなに水位は高くはないが、まだかなり余裕があるように見えた。

画像


こちらは水門の下流側で、勢いよく水が流れているのがわかる。
画像

この水門が開いてたり閉まっていたりするのは、水量を調節しているのだろう。

今日はすべて開け放たれていた。



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3826号 同窓会(2)

2017/10/23 10:44
いろんな人がいて、働いていた仕事も多彩です。

薬剤師の人からは、参考になる話を聞きました。


こんなレコードを持ってきた人がいます。
画像

SPレコードで、小学校の時、合唱を録音したものですが、こちらの施設にはSPレコードをかける装置がなく、聞くことができませんでした。


医者のS君は、ヒートショックについて話してくれました。

高齢者が脱衣所やふろ場で危なくなることが多く、死んでしまうのは立ち上がれなくておぼれてしまうのだそうです。

狭くて浅い風呂にもかかわらず、おぼれないためにはどうしたらいいかなど。


車を手放したK君は、現在はカーシェアリングにしているそうです。

年間会費を払って登録しておけば、好きな時に好きな車種(高級車もある)を使えるそうです。

ガソリン代や通常かかる諸経費もいらず、とても重宝しているとか。


野沢に引っ越した人がいました。

バブルのころ億ションだった物件で、何百万円に下落したものを買ったそうです。

施設は充実しており、プールやジム、そしてレストランなど、埼玉よりよっぽどいいと喜んでいます。


感動したのは、病気から立ち直ろうと日々努力をして、近いうちにゴルフも計画していると話してくれた友人です。

彼は中学の時からアスリートでした。

1日も早い回復を祈るばかりです。



記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


続きを見る

トップへ

月別リンク

≪昨日の風、今日の風≫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる