≪昨日の風、今日の風≫

アクセスカウンタ

zoom RSS 3735号 金正恩と燕山君

<<   作成日時 : 2017/07/23 10:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

燕山君とは李朝第10代の王様です。

普通王様は「宗」と「祖」が諡(し、おくりな)につくのですが、問題を起こして廃された王であるため、諡号がありません。

現代でいえば、大統領が弾劾で交代させられたようなものです。

燕山君は歴史的には「暴君」とされ、TVドラマにもそんな風に扱われています。

いわゆる酒池肉林の生活を続け、気に食わない家臣たちを次々に残酷な形で粛清し、結果家臣たちの怒りがクーデターとなり、最後は王座を追われることになります。

実態は政争の末のクーデターでしょうが、交代する王の正当性を強調するため、ことさら悪者にしているのかもしれません。

燕山君のドラマを見ていると、金正恩がオーバーラップしてきます。

粛清された“家臣”はたくさんいるとか。

金正恩が一番恐れているのは、アメリカでも韓国でもなく、足元の軍隊の反乱でしょう。

最近でもクーデターが発覚失敗し、大勢の軍人が粛清されました。

しかし金正恩はいずれ追われることになるでしょう。

「暴君」が長続きしないのは、歴史を見ても明らかですから。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3735号 金正恩と燕山君 ≪昨日の風、今日の風≫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる