テーマ:HOTコロッケはこうしてできた

1176号 HOTコロッケはこうしてできた(最終回)

とうとう開店することが出来たが、思うのは「人間1人で出来ることは本当に限られている」ということだ。 HOTコロッケは、たくさんの方の協力を得てようやく完成し、そしておかげさまで11年以上続いている。 数え切れないほどのライブ出演者と、その応援に来たお客様。また裏方で頑張ってくれた大勢のスタッフの仲間たち、そしてなによりも妻の理解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1175号 HOTコロッケはこうしてできた(15)

営業開始の3月19日が来た。 ライブはブラジル音楽の“XACARA”が出演した。情けないことだが、当日のことは今では思い出せないことばかり。HPも残っていないし、したがって写真もない。 毎日のゴミはどこに捨てればいいのか。家庭用でないから業務用のゴミは区のゴミ収集車は持っていかない。しかたなく当時住んでいた西葛西のマンションに持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1174号 HOTコロッケはこうしてできた(14)

開店の案内状は出したが、それとは別に開店披露パーティの案内状も作った。この店を作るに当たってお世話になった方や、元の勤め先、親しい友人を招待してのレセプションである。招待状は88人に出した。開店日つまり営業開始日は3月19日だが、パーティはその2日前の17日とした。 内装が完了し厨房設備が持ち込まれた。椅子とテーブルも出来きてきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1173号 HOTコロッケはこうしてできた(13)

開店の案内状を作らなくてはならない。 別にチラシも作った。まだ慣れていなかったので写真の配置などで相当苦労した。 なんとか完成しチラシをプリンターで印刷した。 送り先総数650枚である。切手代だけでもかなりの金額だった。 一方メニューを作るのだが、ドリンクメニューは前に書いたメーカーの営業担当の方が作ってくれた。食事の方はい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1172号 HOTコロッケはこうしてできた(12)

前に書いたピアノだが問題が生じた。 設計変更で、階段の横に壁を作ることになったが、そのため階段スペースが狭くなり、ピアノ搬入が出来なくなるかも知れないというのである。 YAMAHAが現場に来て設計図をチェックし、搬入が可能かどうか計算したが結論は不可であった。 工事中にピアノを持ってくることなどもってのほかだし、かといって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1171号 HOTコロッケはこうしてできた(11)

工事が始まった。 まずはコンクリートの床をはつって(削って)配管用の溝を作る作業だった。もうもうたる粉塵でとても中には入れなかった。 階段が出来た。もともとあった階段はまっすぐなもので、取り付け位置も少し違っていたが、大家さんのご好意で現在のカーブ状の階段が新たに取り付けられた。 電気設備工事、給排水衛生設備工事、給排気ダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1170号 HOTコロッケはこうしてできた(10)

赤羽にある友人(ゴルフ)の会社で、「仕入先選定と協賛」について打ち合わせがあった。まずはお酒やソフトドリンクのメーカーを選んだ。 その後各メーカーの営業担当者が呼ばれ、打ち合わせが続いた。 この話は飲料メーカー決定後のことである。 営業担当が「商品の選定をしますので、一度本社の方へお出でください」と言ってきた。さっそく約束の日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1169号 HOTコロッケはこうしてできた(9)

当然のことであるが、賃貸借契約を結ばなくては工事は始められない。だが設計の方はどんどん進められた。 設計者の先生と施工を担当する業者の間で、様々な打ち合わせが続いた。大家さんはいろんな便宜を図ってくれとても助かった。 我々が参加するときはいつも近くの「ジョナサン」で打ち合わせた。 キッチン備品(ガス台、調理テーブル、冷凍冷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1168号 HOTコロッケはこうしてできた(8)

「そうだホームページを作ろう」と思い立った。 とはいえどうやって作るのかわからない。西葛西駅前の本屋に行き、パソコンコーナーでその種の本探した。 私のPCにインストールされているソフトを使うことにして、そのソフトの解説書を購入した。あとは解説書と首っ引きである。プロバイダーも決めなくてはならない。PCについていたソフトで、あるプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1167号 HOTコロッケはこうしてできた(7)

PA設備については自分でやらなければならない。 いま一緒に活動しているロス・コンパニェロスのメンバー張替さんが、当時YAMAHAの役員をしていたので、彼に「ライブハウスをやるのでその節はPAをお願いします」と頼んでおいた。 張替さんからPAの担当者を紹介してもらい、高輪にあるYAMAHAの事務所を訪問した。親切に応対してくれた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1166号 HOTコロッケはこうしてできた(6)

事業計画策定が始まった。 資金計画、収支計画、資金繰等々。こういう仕事は会社時代にさんざんやったので、“作ることそのもの”は難しいことではなかった。1日何人お客が来て、単価いくらで、月の売上がこうなって、経費がこんなもんで・・という次第。ところが開店してみると「こんなに売上ないなぁ・・・」である。 店名を決めなくてはならない。今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1165号 HOTコロッケはこうしてできた(5)

物件が見つからないのに、メニューの検討に入った。この辺も今考えるとかなり無茶だった。 一番苦労したのはピザの台である。生地を作る際の、強力粉薄力粉の比率や、交ぜるオリーブオイルの量とか、何回も繰り返して作ってみた。もちろんそのつど試食するわけで、ピザ(出来そこない)はイヤになるほど食べた。ほとんどが“いまいち”のものばかりだった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1164号 HOTコロッケはこうしてできた(4)

1999年の夏から秋にかけ、ライブハウス巡りは続いた。 これはと思ったミュージシャンには声をかけた。「ライブハウスを開けるのでその節は出演してください」と名刺を渡しお願いして回った。 それから基本的なことを聞くために、アドバイスを何人からか受けた。「ライブハウスはどうあるべきか」についての意見を聞いたのである。なるほどと思ったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1163号 HOTコロッケはこうしてできた(3)

退職して毎日が日曜日となった。雇用保険を毎月もらいながら、ライブハウス巡りを始めた。 雑誌「ぴあ」を見ながら、どこにどんな店があるのか探した。そして都内各所の店を見た。 高い店、安い店、きれいな店、汚い店。いろんなライブハウスがあった。高い店は平均して料理もうまかったが、安いのはひどかった。というより料理なんか出ないのが多かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1162号 HOTコロッケはこうしてできた(2)

男というものはえてして道具に凝るもので、私も包丁を何本も買ってきたり、調理道具をそろえたりした。そうすると自分の作った料理を誰かに食べさせたくなるもので、もっぱら友人を家に呼んでご馳走(?)するというイベントが何回かあった。勤めていた会社には料理好きの先輩がいて「燻製はこうするんだよ」とか、昼飯を一緒にするときによく話してくれた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1161号 HOTコロッケはこうしてできた(1)

HOTコロッケは今年で12年目になります。開店のいきさつについては、HPに「HOTコロッケ誕生物語」として05年に書きましたが、最近このブログを読み始めた方のため、改めて原文に手を加えて、ブログとしてアップすることにしました。連載物風に書いてみたいと思います。 当時私は会社勤めの普通のサラリーマンだった。ある日新聞にはさまって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more