テーマ:旅行

4967号 1年前の写真

グーグルフォトのアプリが、頼みもしないのに「思い出」と称して、過去(1年前と2年前)の写真を勝手に送ってくる。 グーグルフォトはスマホで写真を撮ると、すぐにクラウドに保存され、PCでも写真が見られるので、ブログの作成時も実に便利だ。 確かに「ああこんなことだったなぁ」と思い出せるので、1年前2年前の写真が表示されてもうるさい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

4473号 「第二海堡」

「海堡」とは海上に人工的に造成した島に砲台を配置した、洋上にある要塞の一つです。 明治から大正にかけて、首都防衛のため、千葉県富津岬沖から神奈川県観音崎沖を防衛ラインとして、3つの人工島が造成されました。 1881年に始まった明治最大で最難の土木工事で、約40年かけて3つが完成したものです。 ところが風や波の影響は想像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4472号「猿島」

「猿島」は横須賀の沖合にある東京湾における最大無人の自然島です。 三笠公園から1750mと近く、島内では釣り、バーベキュー、夏には海水浴など観光地となっています。 無人島とはいえ、観光地として売店やバーベキューのレンタル店などがあります。 江戸時代末期、江戸幕府が海外の軍艦から守るために、猿島に石垣を築いて大砲の台場を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4471号 戦艦「三笠」

阪急交通のメルマガで「個人では上陸できない!東京湾に浮かぶ人口要塞「第二海堡」と無人島「猿島」の旅 日帰り」というツアーがあったので、申し込みました。 9:30に丸ビル前集合、横須賀へ向かいました。 戦艦「三笠」は日露戦争の日本海海戦で連合艦隊旗艦となった船です。 旗艦とは、複数の海軍艦艇からなる艦隊の司令官と、その幕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4432号 そのほかの写真

写真を紹介します。 添乗員の守田さんとガイドの岩佐さん。なかなかよく勉強しているガイドさんでした。 対馬やまねこのはく製。「野生生物保護センター」に展示されています。録音された鳴き声が場内に響き渡ります。すごい声です。猛獣です。 対馬藩主宗家の墓所。 この急な階段は132段あり、結構きつい思いをしまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4431号 五島家

五島列島の南の島、福江島は五島の中心です。 ここに福江藩(ふくえはん)の城がありました。 江戸時代、五島列島全域を治めた藩で、五島藩(ごとうはん)とも呼ばれます。 藩の成立から版籍奉還まで外様大名の五島家が藩主を務めました。 江戸時代初頭に初代五島藩主(五島家としては21代目)から続き、現在は35代目の当主五島典…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4430号 壱岐島

この島は正式には壱岐島(いきのしま)と呼びますが、壱岐とだけ言うこともあります。 魏志倭人伝にも「一大國」という名で記され、また他の史書では「一支國」とされています。 壱岐の人は「一支國」(いきこく)という言い方が気に入っているようで、こんな場所でも使っています。 「一支國博物館」で、立っている人は中での説明を担当して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4429号 禁教の島

五島列島はキリシタンの島と言ってもいいでしょう。 現在教会は50か所あり、住民の4人に一人が信者で、19000人います。 すべてカトリックですが、なぜこんなに教会が多いのかというと五島の集落のためです。 五島は山が多く、住民の住む集落は、島内各所に点在しており、行き来するのは大変なのです。 そこで集落ごとに教会を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4428号 「元寇」

「元寇」は「蒙古襲来」「モンゴル襲来」とも言われています。 そして北九州が攻められ・・・「文永の役」「弘安の役」と覚えました。 今思うと、騎馬民族のモンゴルが、船を操り荒海を乗り越えることなんて無理で、戦いの主役は高麗なんだとわかります。 元は全部で6度の使者を送り、誼みを通じるよう要求したにもかかわらず、日本側の態度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4427号 宗氏

中世から近世にかけて対馬を支配したのが宗氏。 もとは惟宗(これむね)という苗字だったのが、朝鮮との通商で先方にわかりやすいよう、一字の名前に変えました。 もともと対馬を支配していたのは、阿比留氏でしたが、高麗との貿易を鎌倉幕府に隠れて続けていたことが発覚し、太宰府から宗氏が征伐に向かうことになるのです。 阿比留姓は現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4426号 わだつみ神社 三柱鳥居

「和多都美神社」は対馬にあります。 この古い神社は、「ほでりのみこと」と「とよたまひめ」を祀っています。 古事記に登場する海幸彦と山幸彦の有名な話です。 山幸彦(火照命 ほでりのみこと)は、失くした兄の釣り針を探しに海神の宮殿へ行きます。 海神(大綿津見神)に歓迎され、娘・豊玉姫(豊玉毘売命・とよたま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4425号 国境の島

日本は海に囲まれていて、国境の意識が薄いのです。 対馬に行くと「国境の島」とよく書かれています。 隣は韓国、釜山まで50kmしかありません。 もしもの・・時は、対馬が防衛線になるのです。 最北端の岬には「韓国展望所」というのがあります。 済州島よりも韓国に近いので、韓国から観光客がたくさん来ています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4424号 おひとり様限定旅行

・・・というツアーに参加しました。 行先は対馬・壱岐・五島列島で9月10日から14日までというもの。 全員高齢者で男7女7の14名、東京から5名、大阪から6名、名古屋が3名で、福岡空港集合です。 高齢者だけにそれぞれ一家言を持っており、言葉を変えていえば皆ガンコです。 また食べ物にうるさいのです。 高齢者ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4302号 南へ(12) 旅が終わり・・

このクルーズ、普通は行かない場所が見られたことは貴重でした。 船室で一人でいると、だんだん独り言が出るようになります。 「あれっ!どこにしまったかな?」、「エーと今日のライブは何時~だっけ」、「これ忘れちゃだめよ」 平均年齢が75才という、今回のクルーズ参加者ですが、とにかくみなさん元気。 プールで泳いでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4301号 南へ(11) 船内生活(2)

船のイベントはいろいろありますが、ホールでのライブが何度かありました。 プロのミュージシャンが出演するのですが、開演前にはかならず「ご注意」があります。 携帯電話マナーモード・飲み食いダメ、撮影・録音ダメ等々。 それは普通のことなので仕方がないのですが、こうしたツアーのイベントですから、演奏中はともかく、「写真タイム」を設けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4300号 南へ(10) 船内生活(1)

このクルーズは5月6日に横浜を出て、戻ったのは11日でした。 1日だけ父島に“上陸”したこと以外は、すべて船の中です。 朝7時ごろからメインダイニングで朝食が出されます。 朝は和食と洋食のどちらでも好きな方を選べます。 和食はコースで出てきますが、洋食の方はビュッフェで、好きなものを好きなだけ取れます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4299号 南へ(9) 西之島

この島は父島から130km西にあります。 現在どんどん成長を続けている古くて新しい島です。 活動がテレビでも報道されていますので、ご覧になった方も多いと思います。 現在の大きさは、3km2、最高標高は140m 海上保安庁の動画です(2018/7/18) https://www1.kaiho.mlit.go.jp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4298号 南へ(8) 「硫黄島」

硫黄島は太平洋戦争の激戦地で知られています。 日本軍は2万129人が戦死し、米軍は2万8686人の戦死傷者(戦死6,821名・戦傷2万1865名)を出す大激戦が繰り広げられたのです。 平成6年には、天皇皇后両陛下が硫黄島を訪問され、慰霊祭が開かれました。 現在は海上自衛隊と航空自衛隊が駐屯していて、一般人の立ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4297号 南へ(7) 「父島アオウミガメ」

皇室に伝わる秘儀、「亀卜」(きぼく)がこのほど行われ、大嘗祭で供えるお米の産地が決まりニュースになりました。 これは「アオウミガメ」の甲羅を薄く削り、火にあぶってその割れ方を見て占うというものです。 今回使われたのは、小笠原のアオウミガメでした。 よくテレビでも放映されますが、アオウミガメは産卵のため浜辺に上がって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4296号 南へ(6) 「父島」(2)

父島のオプショナルツアーでは、「小笠原歴史探訪ツアー」というのを申し込みました。 ガイドさんの説明で、6人がワゴン車で出発しました。 その中で特に気に入っている写真を紹介します。 最初に着いたのは景色のいい場所。ここにバス停がありますが、書いてあるのが「東京都最東端バス停」 同じ場所に公衆電話ボックスも。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4295号 南へ(5) 「父島」(1)

父島は小笠原諸島のメインの島です。 東京から1000kmも南にあります。 たくさん島があるのですが、人が住んでいるのは父島と母島だけで、それぞれ2000人と500人です。 大きな船は接岸できないので、沖合に投錨しています。 船からは小舟(漁船)に乗り換えます。みなさん丁寧で、安全に気を付けてくれます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4294号 南へ(4) 「孀婦岩」

孀婦岩は東京の南約650 km、鳥島の南約76 kmに位置する標高99 m、東西84 m、南北56 m、面積0.01 km2の顕著な黒色孤立突岩です。 「孀婦」とは難しそうですが、夫を亡くした未亡人の意味です。 NHKスペシャルで、「東京ロストワールド」で詳しく放送されました。 https://www6.nhk.or.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4293号 南へ(3) 「鳥島」

鳥島(とりしま)は、伊豆諸島の島で無人島です。 全島が国の天然保護区域に指定されて、特別天然記念物のアホウドリの生息地としても有名です。 東京から580kmに位置する火山島です。 これが私の撮影した写真です。 火口がぽっかりと空いています。 この長屋のような建物は、気象庁の管理する建物で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4292号 南へ(2) 「にっぽん丸」という船

「にっぽん丸」は、現在の船は三代目だそうです。 総トン数21903トン、全長167m、最高速度21ノット、定員(クルースタッフを含む)523人、客室数202室となります。 横浜を出てほどなく4Fのデッキで外を見ていると、近くに若い女子のクルーが立っていました。 ちょうど良かった(笑)ので、話をしました。 彼女は新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4291号 南へ(1)

史上初の10連休となった今年のGW,、私はその最後の日、5月6日横浜から南へ向かいました。 阪急交通社のツアーで、小笠原方面へ出航です。 山下公園に係留されている有名な「氷川丸」が見えます。 大桟橋の隣は「飛鳥II」が同じく出航を待っています。 出航時には定番のドラ! 強い風が吹いて、テープが後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more